ラシット内側タグの偽物の見分け方がありました【購入前の悩み解決】

ラシット内側タグの偽物の見分け方がありました【購入前の悩み解決】の情報です。

 

私は現在アパレルショップ店員ということもあり、リアルな内容を綴っていこうというブログです。

 

ラシットの偽物の見分け方はいくつかあります。

 

  • ファスナーがスムーズじゃない。
  • 縫製が雑。
  • ナイロン生地の匂いが殺虫剤臭い。
  • 使って1ヶ月〜3ヶ月でボタンが破損する。
  • 使って1ヶ月〜3ヶ月でジッパーの持ち手が取れた。

 

などがありますが、

 

ネットで調べていると、他にもこんなのをみつけました。

 

 

ラシット/susset内側タグの偽物の見分け方

 



画像:知恵袋

 

ラシットのバッグの内側のタグに書かれている会社名が「パル」ではなくて「バル」と書かれているようです。

 

注意してないとわかりづらい箇所ですよね。

 

もし不安なrussetのアイテムをお持ちでしたら確認してみてくださいね。

 

 

*追記)

ラシットの偽物はフリマアプリ(メルカリ、ヤフオク)に被害者が多いです。

 

個人売買が簡単にできるフリマアプリですが、

 

この誰でも簡単に商品を売る事ができるっていうのがポイントで、

 

中国や韓国でアカウントを作成して売っているケースがたくさんあります。

 

  • 未使用、未開封。
  • ノークレームノーリターン。
  • 定価よりもかなり安い。

 

こういったラシットは偽物リスクがかなり高いのでおすすめできません。
(手に入れる場合は自己責任でお願いします。)

 

また、購入や落札などで手に入れる前に偽物か見分ける方法も紹介しておきますね。

 

 

フリマアプリで出品されているラシット/russetの偽物か本物かの見分け方

 

お目当てのラシットのバッグや財布などが見つかった場合、
必ず出品者にコメントしてください。

 

「失礼ですが本物でしょうか?どちらの店舗で購入されましたか?」

 

って感じでOKです。

 

 

ラシットが本物の返事は、

 

「本物です。○○店で購入しました。」
「正規店で購入しましたよ。レシートもあるので同梱可能です。」

 

このような内容の返事がもらえると思います。

 

 

でも偽物の場合は返事が的を得ていません、

 

「誕生日プレゼントで貰ったのでどこで買ったかわかりません。」
「貰い物なのでレシートはありません。」

 

ってことです。

 

もう感の良い方はわかったかと思いますが、

 

「本物?」「どこで購入した?」という質問に対して答えていませんよね。

 

 

レシートも無ければ、どこで買ったかもわからないっていう事。

 

そんなラシットにノークレームノーリターンなど書かれていたらもう被害に遭うのはほぼ確定です。

 

偽物を売っている人は「本物」「正規品」と書く事ができません。

もし書いて偽物とバレた場合は警察が動くからです。
言葉で「本物ですよ。」とか「正規品ですよ。」とネット上に書く行為が後々証拠になります。
証拠を残したくないので絶対に書きませんし、売って稼ぎたいのでズレた返答をするんです。

 

もしフリマアプリでラシットをどうしても手に入れたいと思ったら時にでも、話を思い出して出品者に質問してみてくださいね。

 

自分を守ることができますよ。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

ラシットの偽物についてまとめてみました。

 

実際のところ、
偽物を購入してから本物か偽物かを見分けるんじゃなくて、

 

最初から100%本物(正規品)の店舗で購入するのが安心でおすすめです。

 

ラシット正規取扱店舗は全国に沢山ありますが、

 

このショップの特徴として、

 

 

  • 100%本物保証
  • 実店舗より売値が安い
  • クーポンもあったりする
  • 送料無料
  • セールもやっている
  • ラシット公式なので安心

 

っていうのが保証されています。

 

ラシット正規店の中でも利用者が最も多いのも納得できる内容ですよね。

 

品揃えも豊富ですし、

 

セール価格で安く買えるのであなたのお目当てのアイテムが幾らくらいう安くなってるか是非覗いてみてくださいね!

 

ラシット限定品をチェック!