イルビゾンテの並行輸入品とは?保証証なしって本当ですか?

イルビゾンテの並行輸入品とは?保証証なしって本当ですか?の情報です。

 

私は現在アパレルショップ店員ということもあり、リアルな内容を綴っていこうというブログです。

 

イルビゾンテを購入する際に不安になる要素の一つとして、

 

  • 並行輸入品って何?
  • 保証書ってついてないの?

 

っていう問題があります。

 

イルビゾンテを購入する際に大きく分けてこちらの2ショップから購入しますよね。

 

  • イルビゾンテ正規取扱店舗で買う
  • インポートショップで買う

 

ここで保証書が「あり」「なし」の違いがでています。

 

結論を話すと、

 

どちらにもメリットとデメリットがあります。

 

知っておいて損はないと思いますので、

 

簡単にわかりやすく解説しますね^ ^

 

こちらのショップは全国にたくさんあるイルビゾンテ正規取扱店舗の中でも特に利用者の多いお店として有名です。

 

特徴としては、

 

  • 100%正規品証明
  • 実店舗で買うよりも安い
  • ポイント還元あり
  • 送料無料
  • 品揃えが豊富
  • 正規店なので限定品もある

 

これだけあるので人気なのはわかりますよね。

 

是非お気に入りのイルビゾンテを安くゲットして、

 

素敵な毎日を過ごしてくださいね♪

 

イルビゾンテ正規取扱店舗をチェック!

 

 

 

 

 

 

イルビゾンテの並行輸入品とは?

 

 

まず初めに、

 

イルビゾンテの

 

「正規品」

 

と、

 

「並行輸入品」

 

の違いについてまとめます。

 

 

イルビゾンテの正規品の解説【まとめてみました】

 

イルビゾンテの正規品とは?

 

正規ルートを通して日本に輸入された商品になります。

 

正規ルートとは、イルビゾンテメーカーが指定している貿易会社。

 

日本に入る正規ルートはたった1社の【株式会社ルック】だけです。

 

この株式会社ルックが日本に運んだイルビゾンテ商品だけが正規品として、

 

イルビゾンテ正規取扱店舗や、直営店で販売されているんです。

 

これは堂々と「正規品」と表記して販売ができる商品です。

 

 

イルビゾンテの並行輸入品の解説【まとめてみました】

 

正規品とは違うルートで日本に輸入されたイルビゾンテの商品です。

 

何が違うのかというと、

 

正規ルートを通らないで日本に入ってきた

 

ってことです。

 

 

どういうのが並行輸入品?

 

 

この中でどれが並行輸入品かわかりますか?

 

イタリア旅行に行ってイルビゾンテ本店で財布を買って帰国した。
カナダ在住の友達にイルビゾンテのバッグを買って送ってもらった。
韓国の市場でイルビゾンテを安く買って帰国した。
激安ネット通販でイルビゾンテのキーケースを見つけたので購入した。

 

どれが並行輸入品かわかりましたか?

 

正解は…

 

全部並行輸入品

 

です。

 

 

これ全部正規ルートを通って日本に輸入されてないですよね。^ ^

 

旅行で買って帰ったり(帰国したり)、

 

友達から送られてきたり、

 

ネットで購入して海外発送だったり、

 

全部個人輸入になります。

 

なので正規ルートを通らないモノすべてが並行輸入品となります。

 

並行輸入品は販売する場合、お店側は「並行輸入」「並行輸入品」など表記を必ずしないといけないので、

 

すぐに購入前にわかりますよ。

 

 

イルビゾンテの保証書なしと、ありの違いって?

 

 

イルビゾンテの購入前の不安としてもう一つ、

 

 

保証書あり

 

と、

 

保証書なし

 

ってありますよね。

 

 

購入したけど保証書がない…ん?これって…もしかして偽物なの?

 

と不安になる方もたくさんいらっしゃいます。

 

ちなみに、

 

保証書のあり、なしで正規品と非正規品を見分けることはできません。

 

 

では、

 

なぜ保証書のあり、無しの違いがイルビゾンテにはあるのでしょうか?

 

 

イルビゾンテに保証書があり、なしの違いとは?財布、バッグ、キーケースなど

 

ここまで読まれてきた方にとっては簡単に理解できると思います。

 

正規ルートを通って日本に入ってきた商品は「保証書あり」

 

並行輸入品や海外発送、個人輸入は「保証書なし」

 

ってことです。

 

 

イルビゾンテの保証書とは販売する国によって違いがあるのが理由です。

 

保証書っていうのは販売されている国で有効/効力がある

 

ってことです。

 

よく家電や家具などをネットで海外から購入したら説明書が英語やスペイン語だから読めなかった…

 

なんて経験はないでしょうか。

 

保証書は販売する国の代理店が保証を受け付けるので、

 

日本の正規店で買ったら日本語の保証書があります。

 

イタリアで買ったらイタリア語の保証書になりますよね。

 

並行輸入品は海外からの個人輸入品なので保証書がたとえあったとしても効力は無し

 

紛らわしいので発送前にショップが保証書を抜き取ってる

 

ってことです。

 

なので海外のイルビゾンテ本店やイルビゾンテ正規店で買った100%本物だとしても、

 

保証書は日本に着たら意味がなくなります。

 

保証書が無いからと言っても、

 

それが並行輸入品であれば心配しなくても問題はないのですが、

 

もし正規店で買ったとなれば話は別…

 

正規店では必ず保証書が入っているので偽物やバッタモノの可能性はかなり高いです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

  • イルビゾンテの並行輸入品について。
  • 保証書なしってあるのか。

 

についてまとめてみました。

 

 

この知識があなたの助けになれたら幸いです。

 

 

 

イルビゾンテ正規店でも安く買えるお店はあるので是非覗いてみてください^ ^

 

イルビゾンテ正規取扱店舗をチェック!